2004年 大会レポート


開  催  日 大  会  名  称  開催地
2004年11月19日20日21日 第19回岩出山バルーンフエスティバル 宮城県岩出山町
2004年10月9日10日11日 サロベツ原野 フライト 豊富町
2004年3月6日7日 摩周湖越え フライト 中標津町
2004年2月14日15日 16回小清水流氷バルーンフェスティバル 小清水町
2004年2月9日10日11 夢気球とかち 音更町
2004年2月7日8日 上士幌ウインターバルーンフェスティバル 上士幌町
2004年2月1日 富良野バルーンミーティング 中富良野町



第19回岩出山バルーンフエスティバル
十和田湖観光する酔っ払い 奥入瀬で酔っ払い 夜の酔っ払い
今年の岩出山は、大会4連覇をかけて 気合を入れて挑んだ大会であった・・・・・・
温泉を堪能して気球と観光を楽しみながら 尚且つ気球も飛ぶ
岩出山の気球大会は、まさに気球を楽しむための欲張りな気球大会である

どちらかと言うと 競技志向のお方は、同日程で開催される 茂木の大会に参加しており
気球のゲームバリバリのチームは、一つも参加していないのが ミソで
運が良ければ 今年も優勝して沢山賞品がいただける・・・・

ゲーム以前の問題で・・・・
まったく気球競技を理解されないチーム多数
観光最優先で おまけに気球を飛ばすチームもあったりと
大会の雰囲気が大変ノンビリしているのが宜しい (^m^)

そこで今年は、子供の学校の関係で家族での参加ではなくて
北海道選抜の強化チームで参戦した次第で 強化チームとは、何ぞや・・・・
気球大会を10倍楽しむ 面々を揃えました

中標津SUN BCから お酒を飲むと「ランボー」に変身して 大暴れする トンチさん
本別BCから 今回初めて東北に行く とうもろこし迷路の片野さん 目的は観光
の三名での珍道中であった・・・・・
パイバル虚しく キャンセル 秋鮭 ヌカ釜
肝心の気球大会の天候は・・・・
雨のスタートであった フライトはキャンセルされ 喜んだのは ランボーのトンチさん・・・
今回期間中に計画していた 海鮮パーティ
地元チームと大会主催者の岩出山BCの協力で トンチさんが北海道から持参した 鮭とイクラ
それと 迫チームから キノコ農家さん提供の舞茸シメジ、神森持参の メークイン、ゴボウ、玉葱、長ネギ

宮城と言えば お米が美味しい・・・
秘蔵の摺りヌカ釜で炊いた 釜飯が美味しい・・・
米を焚く前に 北海道のメークインを皮まま塩茹

生の鮭を半身のまま鉄板にのせて 野菜で包み 味噌と砂糖味醂、酒のたれをのせ
アルミホイルで包み焼く・・・・

鍋は、3鍋 石狩鍋が2つに、蟹の入った鉄砲汁が一鍋
ご飯が炊ける頃に完成
ホカホカご飯にプチプチイラクをぶっ掛けて いくら丼 

チャンチャン焼きをおかずに 冷えた体に 鉄砲汁 総勢30名の腹を満たす (^m^)
大量の残り物は、キャンプ場のバンガローを占拠している 東北大学の学生50名に・・・・
翌朝まで残り 汁にご飯を入れて オジヤにして きれいにタイラゲタそうな・・・・
名取の面々 鬼首間欠泉と片野さん 酒宴接待
天気が 悪くて気球が飛ばぬ・・・・
喜ぶ ランボー 酒を浴びる様に お召し上がり 大暴れでウキウキ 
宿舎に戻っても ホームスティ先の大関先生が 毎晩日本酒接待・・・・・(^^;)
シラフの状態は、寝ている時のみ (-_-メ)
常にこの状態 ハッチバスケットを披露する今村さん フライトキャンセルでも観客サービス
11月20日 天気は、良いのだが・・・・・
ランチサイトでブリーフィングを待っていると 連日の雨で湿気た地面が 冷たい外気に
当り 霧が湧き上がってきた・・・・

ランチサイトの上だけ ポッカリ開いているのだが・・・・・・
どうも飛び上がったら霧の中で 酷い目に会いそうな気配
主催者判断で 勇断のタスクキャンセルの宣言

今度 喜んだのが本別BCの片野さん
中標津から参加した 牛飼いの竹下夫婦と 山形に観光に出掛けた・・・・・
牛を飼っていると 夫婦で旅行に出るのには、人に頼んでこなくてはいけないのだが
北海道には、酪農ヘルパーと言う組織があり 留守にする酪農家の牛の世話をしていただけるのだ

それで・・・
年に一回 夫婦一緒で旅行に 岩出山の気球大会に参加しているので
時間を惜しみ 分単位で観光をしているのだ
だから フライトがキャンセルになると 喜び勇んで まだ訪れた事の無い地に向かう

お酒を日々堪能する トンチさんは、酒を飲んで暴れて 大満足・・・・
何回もこの地を訪れて 今更観光気分ではない 神森
今一つ 欲求不満だった 片野さんを 竹下夫妻に預けて 観光をしていただいた
確り女の子の横に行くトンチさん パーティ風景 関口親子
結局午後は、風が強まり 一日フライトは、キャンセルされて 片野さんは夜のパーティまで
戻らず 山形観光を 隙間無くしたそうで 大満足 (^m^)

夜のパーティ・・・・・・
トンチさん ウキウキ・・・・
困ったものだ こんなに飛ばない気球大会だと 酒乱が極まる(-_-メ)
パーティでも独走状態 収容に困りました(-_-メ)
トンチ ランボー大暴れ 早朝暗い中からパイバル測定 ランチマスター渋谷
欲求不満は、神森のみ・・・・
21日最終日 今日を逃すとフライトが無いぞ・・・・・

朝は、皆の願いが叶い 晴天の絶好調な空・・・・ 良かった (^m^)

トンチさんついにダウン 酒を連日飲み過ぎて 今朝は、動けなかった なんと幸せ者か
ついに気球に触る事無く 岩出山終了(-_-メ)
インフレ風景 一斉離陸 ガーネット最後のフライト
最後まで 暴れるトンチさんをナダメスカシテ・・・
一滴も酒を飲まず・・・
気球のみに専念・・・・
この大会では、とても異常な存在なんでしょうが 3連続優勝しているので
それなりの ゲームをしないと 大変恥ずかしいので 精神的に緊張の糸を張るのが 大変困難な日々(-_-メ)

最終日のゲーム
#1 H&H 逃げるウサギは、岩出山名物「性格の悪いウサギ」 旧いウサギさんです
#2 JDG ゴールは16キロ先 大会期間中積み上がった賞金は、10万円 此れがかかっています

やっと まともな気球大会のレポートになってきましたね・・・・・・
竹下さんの新気球 河を下る 迫BC
上空の風は、最も良い方向に JDGの方向に吹いている 離陸するとGPSが真っ直ぐゴールの方向を示す
一応 4連覇を狙っているので ウサギを追うのが セオリーなんですが・・・・

今回の読みは、性格の悪いウサギが 最も早い風に乗り皆を遥か彼方に導き 突如上昇して
上空で修正をかけて 最後は16キロ先のJDGの可也近くに着陸 ターゲットを展開して 腕を見せ付けると
読んでいたので あえてウサギを追わなかった・・・・・

ウサギの腕が良かったら 完全優勝4連覇
ウサギの腕が鈍っていたら 賞金レースをゲット
北海道放送ではないです 地元の気球 接近
さて・・・・・
どうなったと言うと 予想は、的中 ウサギは、グングン逃げる 離陸の早い気球が
一生懸命追う展開 と言うか・・・・・
離陸が遅い気球は、早い風に乗る 赤いヘアー気球を見失いそうな勢いで小さくなってゆく 
誰も16キロ先のゴールをGPSに入力していないか ハタマタGPSすらお持ちに無いようである (-_-)

ヘアー気球が向かっているのは、ゴールだと誰しも確信していたようである
残念でした ・・・・・・
地上からの無線コントロールか ハタマタ大胆に逃げすぎて 上空の風で修正が完全でなかったか
ヘアー気球の着地して 設定したゴールを狙うと完全に 賞金10万円のJDGを外す場所に
ターゲットが設定された
快調に逃げるウサギ ターゲット設置 帯畜の気球
と 言う事で 無念の連続優勝ならず 記録は3連続でストップ 残念でした (^m^)
何故喜ぶ・・・・
そうです 10万円のゴールに入ったのは、結局 自分が一機だったようで 結局独り占め

昨年までは、家族で参加していたので 子供がたえず気球に一緒に乗っていたので
手が抜けず 真面目にゲームに専念していたので 
子供の教育上・・・・・ 親が金の亡者で一発狙いで賞金を狙うとマズイデショウ (^^;)

今年は、気球を10倍楽しむ 北海道ハジケ組 なので
優勝を狙うと見せかけて・・・・
実は、神森は金の亡者でした
賞金を狙っていました ごめんなさい m(_ _)m
民家からてが振られる 畜大生
21日航跡図
21日航跡図
ゲームが終わり 帯広畜産大学の気球を狙って隣に中間着陸
今年の上士幌夏の大会で 初めて気球に乗って ランチサイトハードランデングして足を折ってしまった
女子学生が ようやく足が治って 今回の気球大会に参加していた・・・・・

尽かさず 大声で学生の名前を呼ぶ・・・・
「ハーーーイ」と返事
気球に乗ったかいと 聞くと 「乗っていませーーーん」との返事
乗りに来ませんかーーー とお誘い
「ハーーイ行きます」
乗ってきました (^m^)
大関先生 漕艇場がありました 最後は、ここに着陸しました
天候穏やかで 次々と入れ替わり立ち代り 気球に乗り
秋の宮城の空を堪能 フライト時間も距離も 今まで最も飛んだ方である
初めて来る 場所の上も飛んだ

観光を堪能していた 片野さんとも 一緒にフライト
ホストファミリーの大関先生にも乗っていただいて 喜んでもらえました
東京からやってきた 関口一家は、体調が悪い赤ちゃんと奥さんを除きフライトを堪能
関口君 満面のオヤジ 寸評する道塚さん
優勝は、熊本から毎年一人で参加している 龍野さん
今大会は、北海道の気球暴れん坊オヤジ 岡田のオヤジとチームを組んで
一緒に毎日2箇所 山奥の秘湯温泉に温泉に入浴したのが 勝因であるようだ (^-^)

懺悔・・・・
旧いウサギさん 追わなくてごめんなさい 飛んで近寄ってくるのを待っていました m(_ _)m
参加者の皆さんランボートンチさんに 酒を与えて放し飼いにして からまれてご迷惑おかけしました m(_ _)m
そして最後に 畜大の女学生さん 夏の気球大会で足を折ってごめんなさい m(_ _)m
今まで2回しか気球に乗っていないのに 神森の気球ばかりで ごめんなさい m(_ _)m
一家で参加 ホストファミリィー 疲れました
何やかんや言って 参加メンバーが 夫々に満足出来た気球大会でした
大会役員の岩出山BCの皆さんには、大変お世話になりました
毎年 3食昼寝接待チェイス付きで お世話してくれた 大関先生一家には、大変お世話になりました ありがとう
今年は、酔っ払いの接待に 酒の接待を付き合っていただきありがとうございました
ハイラックス22万キロ 竹下さんのパジェロ観光仕様 結婚した時に買った
ハイラックスの走行距離が
22万キロを超えました・・・・

生産中止で 困っています(-_-)
北海道池田町から岩出山まで 片道700キロ プラスフェリーが7時間
最も北海道に近い 内地の気球大会である
北海道からの参加者多数・・・・・
北海道の気球大会の時より 多いかもしれない (^^;)

北海道の気球乗りは、ノンビリ観光と温泉と気球を楽しむ気球大会が 大好きなのです


表紙に戻る