気球のパイロットは、どうやって誕生するのでしょうか?
実際にトレーニングをしてみましょう。

窪田 益田
生徒1窪田裕一 25歳
士幌で畑作 専業農家
気球は、柴田少年の甘い言葉に 騙されて
はまり 込みつつある
果たして無事に
気球の免許をゲット出来るでしょうか?
生徒2 益田直樹 25歳 
窪田同様士幌町で農業を営むマイペースな男 
窪田君より 何時も余裕をもってトレーニングに
挑んでおり トレーニングとチェイスを同時進行している。


セッテング
20時間20回のフライトを目安に トレーニングのスケジュールが
組まれており 今回は、窪田を優先に次に益田 の順番でフライト
インフレ(気球の膨張作業)フライト、ランデングまで 一貫して操作を
10回10時間以上インストラクターと同乗して
単独飛行までの最低限のフライト時間と回数である。
無論個人差もあり との技術到達時間は、マチマチである。
Aフライトに関しては、地上の講習会を受講すれば
免除される。(だけど実際最低20時間は、トレーニングしている)
牛や上空
フライト 家畜が多い地帯なので 気球のバーナーによる 音の被害
が多多あり 飛行高度及びサイレントバーナーを使用して家畜を
驚かさせない様に 注意してフライトしている。
鶏、豚、馬、牛徳に 最近では、ダチョウの飼育農家が
サラリーマンの脱サラ ベンチャービジネスで 注目を集めており
十勝でも清水町や帯広空港のそばに 飼育農家が誕生しており
最も 気球の発てるバーナーの轟音の被害を受ける
高価な種親のツガイは、100万円以上して 其の神経質な性格から
飼育が非常に 困難である。
くれぐれも 関わりたくない 家畜である。
バーナー 
フライトは、基本的な部分で 最も歳優先されるのが 安全であり
気象条件 、機材の状態、パッセンジャーの動向 色々と注意
しながら 最も良い判断を刻々と求められる。
車の運転の様に ハンドルを右に切ったら 右に曲がる物ではなく
バーナーを焚く 焚かない リップ(排気弁)を開くか 開かないか
要は 気球を上昇させるか 下降されるか 或いは、高度を一定に
保つ 操作しか無いのである
では 何故移動出来 或いは目標に到達出来るかと 言うと
高度によって 吹いている 風の層が異なり その違った方向から
吹く風を 利用して 操縦しているのである。
現在トレーニングが中断しております
諦めずに 頑張りましょう
一度勢いを失うと なかなかなれないのが気球のパイロットです(-_-)

でも・・・・・ だいぶ進んでから辞められるより 早めに諦めていただいた方が
ダメージは、少ないですが 気球が好きであったら辞めないで続けましょう・・・・・

気球を飛ばすのは、技術的には、それ程難しくないです
気球を飛ばすには、多大なエネルギーが必要なので
飛ばす技術は、気球をやっていて 全体の5パーセント程度で
其の殆どは、気球を飛ばす環境作りに投入されます。

だから・・・・・・
気球のトレーニング中は、気球クラブは盛り上がり元気がよいですが
主だったクラブ員が全員免許を取得すると 目標を失って 飛ばなくなるクラブが多いです。

気球のパイロットは、勿体無いですがペーパーライセンス多く
フライト環境を構築出来ず 遠ざかるパイロットが多いのが 今の日本の実情です。

気球を趣味として長く続けたかったら・・・・・・
  • 本業を大切にしましょう
  • 家庭を大切にしましょう
  • 仲間をつくりましょう
至って正攻法なのですが、真面目な一般国民であったほうが長続きします・・・・・
でも・・・・ 日本の現状は、なかなか厳しいです

給料が安い、仕事で時間が無い、家庭の行事で気球に行けない 全く当たり前
其のハードルを乗り越えて 細々と続ける喜びあるのです

バリバリ気球を飛ばしている方々も 見えないところで涙ぐましい努力をして
気球を飛ばし続けているのです 離婚したり、仕事をやめたり、気球屋を始めたり・・・・・

勘違いしては いけないのですが一般人が彼らを真似しては、いけません破綻します
何故なら気球屋さんは、スーパーマンです

特殊な生活能力にたけていないと バリバリ気球を飛ばすのは 日本では大変
困難なのが現状です。

そこを理解してから 気球のパイロットになってください
中途半端は、周りを不幸に導きます。


表紙に戻る