北海道のバス好きが作ったサイトです
LOVE PROJECT 2008に協賛しています
2008年3月でバスを売却しました


2008年3月でバスを売却しました
町の払い下げのスクールバスが我が家に来る事になった

町の広報を何気なく見ていたら 耐用年数が過ぎた スクールバスの払い下げが
町民を対象に行なわれると 掲載されていた
我が町も 地方交付金が減らされて 厳しい財政なので 少しでも資産を売却して
収益を上げる目的で 売りに出したようである

別にバスが好きな訳ではなく 最近鉄の価格が高騰してこのサイズの物置を作るにも
結構な材料代が掛かる 基礎があれば安いけど固定資産税も払わなくては、いけない
物置にするのに 丁度良いかと思い 最終的な購入に踏み切ったのだが・・・・・・






























エアコンは、ありません(-_-メ)
このバスは、バス路線の無い地域の乗り合いバスとスクールバスを兼ねて
運行されていたもので 回転する方向幕に ピンポン、整理券発行装置に
料金箱まで 装備されていた。

ボディのペイントは、町の開基100年を記念して当時の中学生が描いたもので
とても目立ちます とても楽しい・・・・

平成2年式 日野レインボー 9メートル 中型バス 走行は、62万キロ
バスとしては、マダマダ走れる距離らしい サイズとエンジンは、4トン車
程度のもので 走らした印象は、案外走るなと感じます
残念ながら路線バスなので変速が5速なのでスピードは、あまり出ません

其れ相応の劣化具合だが
この年式にしては、決して悪い
コンディションではなかった
オイル交換をしました

ヘッドカバーからオイルが漏れていたので自分で交換しました。
部品代は2千円
オイル交換用にクークーラントの容器を
くり貫いて ドレインタンクを作りました











調



ユーザー車検を目指して 車両整備を行ないました エンジンからオイルが
漏れていて大変見苦しかったので 部品を買ってきて自分で交換をしました
やれば出来るかな・・・・素人整備なのでチヨット怪しいですがオイルは
漏れなくなた。

つり革を外して定員を48人から座席分の 29人定員にする事によって
大型バスから マイクロバス扱いになるので 維持費は若干だか安くなる

高速道路を走る時に最も恩恵があり 高速料金が大型ではなくて中型車に
なるので大変安いです
整備管理責任者も このサイズは、一台に限り必要が無いので
個人ユーザーが所有するバスには、都合が良い

因みに運転には、大型免許が必要です 中型車の限定解除でもOKです
登録には、車庫証明がいるので土地も多めに必要です(^^;)

帯広陸運 バイクもトラックバス
乗用車も此処で車検の検査をします
今回は、定員減の構造変更です
検査の順番を待ちます
緊張します 
バスでも同じ検査を受けます
因みに誰にでも出来ます
ガラス修理














表紙に戻る